福原のソープランドで今が人気に注目するべきジャンルとは?

SITEMAP

福原ソープ

コンテンツ

他の風俗には見られない福原のソープランドの魅力

眠る女性

昭和の頃の風俗といえば圧倒的にソープです。他の風俗はまだまだ認知度が低く、店の数もそれほど多くありませんでした。ところが、平成に入ってからは派遣タイプの風俗が流行になっています。店舗タイプは減少の一途をたどっているわけですが、そんな中でもソープはまだまだ高い人気を誇っています。
ソープ最大の魅力は風俗嬢としての完成度の高さです。他の風俗で働く女性はどこにでもいるような一般人が多いです。ほとんどの人は小遣い欲しさに働いています。一方、ソープで働く女性は自身の生活のためにこの仕事に就いています。目的のお金が貯まったからもう辞めてもいいや、という中途半端な気持ちで働いているのではありません。この仕事で一生食べていくくらいの強い気持ちを持っています。
ソープ嬢が持っているテクニックは店の先輩方から受け継がれてきたものです。ソープではお店のソープ嬢としてお客に出る前、必ず先輩から研修を受けます。どういった話し方で、どういった作法でお客と相対するのか、みっちりしごかれるのです。一人前のソープ嬢のテクは、極端な言い方をすると職人芸にまで達しています。一朝一夕で身に付けられるものではありません。普段の絶え間ない努力と、先輩の厳しい指導があってこそ、はじめて到達できるレベルとなります。

注目の記事

TOP